個人情報の保護 お問い合せ
  営業許可に関する説明

営業の種類によっては、各種の許認可や届出が

必要な場合もあります。

許認可には、法定の要件を満たす必要がありますし、

添付書類の作成が煩雑な場合もあります。

また、許認可取得後も、一定期間ごとに更新手続が

必要な場合が多いのでご注意ください。

1 飲食店を営業するには…

  保健所の許可が必要です。

 2 麻雀店、パチンコ店、スナック、

        キャバレー店を営業するには…

   警察署に風俗営業許可申請をしなければなりません。

3 産業廃棄物の収集運搬や処分業をするには…

  都道府県知事、場合によっては中核市(郡山市いわき市

  の長の許可が必要です。

4 運送業を始めるには…

  運輸局の許可が必要です。

  条件としては、車両、車庫、休憩施設、管理体制が必須です。

 5 お酒を販売するには…

  税務署の許可が必要です。

 

 6 旅館・ホテルを始めるには…

  保健所と消防署の許可が必要です。

 

 

7 その他主な営業許可等

  宅地建物取引業、人材派遣業、古物商、薬局

  採石業、味噌・しょうゆ製造業、倉庫業、貸金業

  クリーニング、理容所

  すべて営業許可が必要です。

詳しくは、最寄りの行政書士にご相談ください。

 
 
  司法制度改革により

 現在、国の司法制度改革により、裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律(ADR基本法)の公布や総合法 律 支援法が制定され、裁判によらない市民間 のもめ事を解決する方法が模索されております。そんな中、福島県行政書士会では隣接法律専門職者として、また、将来裁判外紛争解決手続実施者をめざして国 民の皆様の利便に資するべく日々努力研鑽をしております。


 
HOME行政書士の仕事 総合相談センター会員紹介便利帳・知恵袋行政書士会のご案内会員専用ページ

©2008 福島県行政書士会 All rights reserved.