個人情報の保護 お問い合せ
  外国人に関する説明

 

外国人を雇いたいとき、外国人の配偶者と日本に

住みたいとき入国管理局に申請しなければなりません。

 

 

また、外国人が日本の国籍を取得したいときは

帰化申請をしなければなりません。

 

 1 外国人を雇いたいとき。外国人が日本に在留したいとき

   

   ⇒各種申請

   

   在留資格認定証明書交付申請(留学・家族滞在・企業内転勤等)

   

   在留期間更新許可申請(在留期間の延長)

   

   在留資格変更許可申請(たとえば、「報道」から「人文知識・

   国際業務等」へ)

   

   永住許可申請(日本に永住を希望する場合)

   

   資格外活動許可申請(学生アルバイト等)

 

   就労資格証明書交付申請(特定の職種に就くことができる

     この証明文書)

   

   入国許可申請(海外旅行・一時帰国等)

 

  申請取次認定を受けた行政書士が入国管理局へ

  の申請手続を本人に代わって請書等の提出ができます。

 

 2 日本の国籍を取得したい。

   

   法務局に帰化申請の手続が必要です。

   

   申請の際は、本人の面接、帰化許可申請書、身分関係証明書、

   履歴書収入に関する証明書等多くの書類が必要です。

 

 
 
  司法制度改革により

 現在、国の司法制度改革により、裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律(ADR基本法)の公布や総合法 律 支援法が制定され、裁判によらない市民間 のもめ事を解決する方法が模索されております。そんな中、福島県行政書士会では隣接法律専門職者として、また、将来裁判外紛争解決手続実施者をめざして国 民の皆様の利便に資するべく日々努力研鑽をしております。


 
HOME行政書士の仕事 総合相談センター会員紹介便利帳・知恵袋行政書士会のご案内会員専用ページ

©2008 福島県行政書士会 All rights reserved.